古材・古民具を大正、昭和初期(昭和レトロ)の雰囲気を残しつつ、ハイセンスな癒し系インテリア家具としてリメイク

syoins

古民具書院シェルフ NO.309

¥45.000 (税込\48.600)

古民具書院シェルフ

書院とは和室床の間にある明り取りの小さな窓のことだそうです。
障子が多いのですが、珍しいガラスの書院が古民家から見つかり
シェルフを作りました。古民具、古材、ガラスモザイクタイル
を使用して、モダンシリーズの一つに加えました。


詳細

画像クリックで拡大します

古民具書院シェルフ

古民具書院シェルフ

古民具書院シェルフ

古民具書院シェルフ


幅、奥行、高さ650×500×1160mm
重量24kg
材料木材、ガラスタイル、ガラス
特記事項オイルステイン、オイルフィニッシュ仕上

【和人 楽天店】から商品の詳細やご購入もできます。
商品の詳細やご注文はこちらから>>【 古民具書院シェルフ 】

一覧へ戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional